So-net無料ブログ作成
検索選択

秩父神社 [旅行]

「どこ行く?」ということで、地図を見ながら目に入った「秩父神社!」と叫びました。
う~ん、三度の飯より狛犬が好き。そんなtyuntaであります。

さてさて、秩父神社とはどんなところかしらん。
下調べもなしに寄ったものだから、ワクワクしながら歩いていると、
  ど~ん 
こげな看板を発見しました。なっ、なんだこれはっ、つーか、なんの生き物ですか?
とりあえず写真におさめて進むことにする。

ありました~、いらっしゃいましたよ、狛犬さん。
  どっしりとして強そうですね。

 
これは手水の屋根部分の彫り物、こちらもお口が阿吽になってるです。
それにしても、獅子だけでなくその周辺も、かなりキレイな彫り物。
 ようやく秩父神社登場。
 本殿&ミッシェル。
本殿の前には赤絨毯が敷かれていました。何を思ったのか寝転んで齧り始めるミッシェ!
いや、それはさすがにバチ当りではないかと、焦っていると、通りかかった巫女さんお二人に笑われてしまいました。(何故か微妙な笑い)
由緒を知らずに散策していたら、なんとなくこの本殿が凄そうな物だと判ってきました。
だって、この彫り物・・・

「つなぎの龍  名工 左 甚五郎」って書いてありますよ!!!
ぐはっ、こんな出会いがあるとはっ、感激です。
なんでも、少林寺という寺の近くに天ヶ池というのがあり、その池に住み着いた龍が暴れた際には、この彫り物の下に水溜りができることから、この彫り物の龍を鎖でつなぎ止めたところ、龍が現れなくなったという伝説があるそうです。
他にも本殿をぐるりと彫り物が続きます。

「子宝・子育ての虎」 これも左甚五郎みたいです。
  


こんな細かい彫り物がいっぱい♪ 飛び出す絵本より過激に楽しいっス!
脇や隅っこや端っこも、見逃せないです。

なんてしているうちに、電池は満タンなのに、枚数のこり13枚・・・まだ旅の1日目にして
何時間経過?な辺りなのにぃ。なんてこったい、恐るべし神社パワー(?)。

あ、またもや忘れるところであった、あの謎の生き物の正体。
 北辰の梟。
祭神の妙見様が北極星を中心とした北辰北斗の星の信仰で、この梟の見つめる方角に妙見様が出現するということから祭神と縁の深い瑞鳥とされる。体は本殿を向き、頭は真北を向いて、昼夜問わず祭神をお守りしているのだそう。どうりで、ちょっと変わってるわけだ。梟は知恵のシンボルなので学業のお守りがあるようです。

彫り物にホレボレしながら本殿をぐるぐるしていると、清らかな音色が響いてきました。

神社の結婚式なのでした。あ~ん、どうりで赤絨毯が敷いてあるわけだ。
そうとは知らずにノシノシ歩いてしまいましたさっきの巫女さんも、笑うわけだ。
気づけば神主さんたちも準備万端、普段の神社と一味違う感じ。
神社はいいですねぃ、空気が清らかだし、粛々としていて。

 
あ~ん、それにしても、麒麟に獅子だよ?! ぐはっ、なんてカッコイイのォー!!
というわけで、やられまくりなtyuntaなのでした(*^-^*)

おまけ ☆ ミッシェルみたいだったから買って来ちゃった♪
 って、似てるの頭だけじゃーん。

【撮影:2006.4.29】


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

2005春 京都 町並み散策 [旅行]

高山寺からバスで市内に戻ってきました。
そうだな~、町並み散策でもしますか~。北野天満宮の辺りを散策です。
粟餅屋さんで粟餅買いました♪(お宿で食べるのだ)

天神さんの脇の道を入って行くと、老舗の和菓子屋さんとかありました。
都おどりの会場が近所にあるらしく、提灯や飾りがありました。

 ケーキ屋さんを発見しました。
あんまり素敵なお店なので入ってみました。どこかの雑誌に載ったらしいです。
おいしそうなケーキばかりで、悩みました。お姉さんにオススメは何ですか?と聞くと、生クリームがおいしいらしいです。本日のオススメ商品は涼しげな生クリームと関係ないものだったので、小声でこっそり教えてくれましたかわいかったなー。
で、選んだのはこの2つ。

おいしかったですー

宿の近くに(西洞院)、町屋見学(無料)がありました。
一番奥から  かまど
奥まで入ってみると、静かで不思議です。
真ん中の四角い白い部分が入口です。中間あたりにカマドがありました。カマドの壁の向こうが座敷で、展示会をしてました。階段をあがって、お2階も見学できます。風呂と庭もあります。左側は喫茶店(お酒もある)とお土産屋さん。

宿に戻って、明日のルートを練ります。だって、アタクシ達、今回計画というものを立てていない。
粟餅を食べながら、ガイドブックとミーツ(京都本)と格闘・・・。といいつつTVを見る。
上田正樹が外国のミュージシャンとコラボしてて、カッコ良かったっス。シビレました。
中途半端に腹がいっぱいになってしまったので、夕飯は近所のフレスコです。
 飲み?・・・疲れてバーには行けないので
夕飯を食べ終えて、今度こそBookと格闘、お風呂も行かなくちゃ・・・、・・・・・・

ハッ・・・!と気付いたら、寝てた!! ガーーーン。
隣のベッドを見やれば、やはり同じく寝込んだサリー。だぁぁぁ・・・ともかく、布団入って寝るべ!
お風呂は明日の・・・今日の朝だ、ふにゃ
[2005.4.24]


2005春 京都 神護寺 [旅行]

神護寺。
  看板より拝借^^;

さすが山だなや、登りがキツイざんす。いゃーこんなもんたいしたことなかろうと登り始めたけど、すぐに息切れ・・・体力おちたなーっと実感。
 
紅葉がきれいです。
いたるところ「紅葉揚げ」だの「もみじまんじゅう」だのあるので、秋のがオススメらしいですが、tyuntaは、緑のこの時期も好きです。
意外に階段がキツイので、広島のもみじ饅頭に頭を逃避させてました。(好物なので)
あ~、にしき堂のもみじ饅頭食べたい~とか、饅頭を二つに割った時の感触とか、甘すぎないこしあんだとか。はぁぁぁん(←ちょっと危険区域)

 鬼?ボケボケで悲しい出来になってもーた。

 いたいた、お獅子。

 まわして、まわして~。重いですな~。

かわら投げをしました。これって、厄除けなんですねぃ。
  
↑かわら。右の谷底へウリャーっと投げるのです。        看板のかわら投げの様子。

 もみじ餅:9個。これは意外と腹一杯になります。
[2005.4.24]


2005春 京都 はじまり [旅行]

今回の旅はいつもと違うたびを目指そう、そう決めた。
出会いは「ミーツ」という本でした。
ガイドブックとは違った角度の編集にすっかり引き込まれてしまいました。これぞ京都本。
手にしたのは「世界遺産を遊ぶ京都本」と「もう一度知るいい寺、いい店」。
そして決めました、今回の旅の目的は 高山寺と東寺!ここさえ行けりゃー、文句ないです。
いつもは場所さえわかれば本(ガイドブックの類)なぞ見ないという旅ですが、手に入れた本を活用(頼りに)してみようと思いました。
さて、旅の始まりは東京駅。

今回も いちのすけさん と一緒です。
まだですよ。まだまだかかりますよ。どうもヒマらしいので、記念撮影してみました。
 カルシウム、大事ね。
今回の高山寺は、市内から離れていることと、どうやら山らしいということで、一人で行くにはチト心細いかなと思っておりました。そんな山奥にご一緒してくれたのが、サリーさん。まことに感謝です。

ようやく夜行バスがやってきました。
「席は一階になります」 おぉぉぉ、一階だなんて初めてだ!しかも一番前なのでゆったり使えます。
ちと、ドリンクホルダーが遠いが・・・。

今、どの辺かしら?と目を覚ます。時間的に言うと、京都駅まで20分くらい前の辺りだろうとカーテンの隙間から外を見ると「京都駅じゃねーかよ!」びっくりしてしまった(まだバスは走りますが)。予定より早く着きました(そんなことがあるのですねぃ)。

さて風呂だ!が、風呂は7時かららしい。バス案内所の隣の進進堂で朝食です。そうそう、風呂の割引券も忘れずにGETです。
はぁぁぁぁ~、やっぱ朝風呂は気持ち良いですな~。極楽です♪

マッサージ器をゲットしてボタンを押してみるいちのすけさん。有料なので、動かないのです。

ではさっそく高山寺!の前に、
今回のホテル「三井ガーデンホテル」。ここは、部屋以外に風呂があるとのことで決定しました。
荷物を預けて、身軽になって出発だー。わーぃ。

四条大宮→高尾までバスに乗ります。市バスとJRバスがあるようです。うちらは市バスの一日乗車券(500円)があるので市バスで移動です。JRだと550円かな?市バスは市外より別料金300円で済みました。
旅立ち前に仕入れたガイドブックによると、近場に神護寺ともひとつ見るとこがあるようです。せっかくなので、神護寺と高山寺を見ることにしました。
[2005.4.24]

もう一度知るいい寺、いい店。これが全てです。京都本もう一度知るいい寺、いい店。これが全てです。京都本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 京阪神エルマガジン社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 単行本
世界遺産をあそぶ京都本

世界遺産をあそぶ京都本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 京阪神エルマガジン社
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本

浅草三社祭 [旅行]

今日は、ひさびさに会社のイベントに参加なのだ。
「新しい水族館に1,000円で行けるんだよ」という言葉に乗せられて、いざ参加!

は~、電車に乗って数分、いったい何時に着くかしら?ちゃんと、大丈夫よね?
確認したところ、・・・きっちり1時間前に着きます。 ガーーーン、なんだよソレ!!
ふざけんな tyuntaっ、きっちり1時間ってなんだよっ!と自分にプンスカ・・・。
まぁ、遅れるよりマシです。・・・どうしよーか、集まって直ぐ会食があるから食べ物屋に入る気ナシ。
まいったね、と着いたホームのポスターを見る。・・・これだ!
というわけで、浅草の三社祭に行くことにしました。

祭りの時くらいはと、雷門から入る。来るの久々~。
人に揉まれながら浅草寺の参道をひたすら進む。と、動けない・・・。
ここまで来て参らねばっ、tyuntaがすたる!進めやススメ!
動かないと思ったら、御輿がいました。

粋ですねぃ♪ 今日は暑いくらいで、ハッピの下は褌の殿方が多かったですよ。
御輿の波に乗って、浅草寺へひた歩きます。

 予想以上に凄い人!
お囃子や御輿が浅草寺の前を通り、左から裏を周って行くので、浅草寺の階段にはカメラかまえた方々でいっぱいです。 線香炊くとこは右の方に避けられてました。

まずは手水で清めてね。えっ、こんなのあったか?カッコイイ、このお方は誰!?
   天井に龍の絵。
人をかき分けてお参りして(といってもお堂の中は人は少ない)、おみくじひいて、一安心。んふふっ。
ハタ・・・、そういや神社があるって聞いたことあるのに行ったことがない。
といいますか、此度は「三社祭」三社とは、浅草神社のことで、浅草寺よりもこちらがメイン。
神社=狛犬・・・おっ、お獅子どのぉーっ(雄叫び)
寺の脇から出て、神社はどこだ!と見渡す。

居たーーーーーーっ。
 
ぐはっ、やられた。ちょっとダンディ、で可愛い。
神社では神事が行われていたようで、笙の音が響いています。気持ちが洗われます。

なんと、参道の脇に捕らわれの獅子を発見しました。
 デカいですよ、コノヒト。
そろそろタイムリミットが迫ってきました。お別れするのは淋しいなぁ。
と思ってると、再び音色が響いてきました。
参道脇の能舞台で狂言が始まりました。おぉぉぉ、なんてラッキーな!

ナマで見るのは初めてです。ジェスチャーなので、おもしろいです。
(こういうの好きなんですけど詳しくはないのでtyuntaの勝手な妄想でお送りいたします。)
農夫と天狗の話。畑を耕す農夫、天狗に気付かずに畑をせっせと耕してます。
と、天狗が背後から右の肩をポンポン、農夫は「いやいや、そんなわけない」と、また天狗が今度は左の肩をポンポン、「いやいやそんな・・」今度は両肩をバンバン、「へ・・・?ひぇーっ」て感じです。その後は「お前が飛んでいけ」「いやお前が・・」と言い合い。もー、その可笑しさときたら!笑いまくってしまいました。
昔の人も、神社の参道脇でこういうの楽しみにしてたのかしら?と思うとちょっとワクワクしました。

一時間しか居られませんでしたが、とても楽しかった。
やっぱ、早起きは徳ってなもんですかね (^-^)v ニッ


京都、春の陣。-2004- [旅行]

春、とある日曜日の夜出の旅。

待ち合わせは夜8時。上野辺りということで、最後の授業を終えたちゅー太は気も晴れ晴れに上野の本屋で久々に雑誌の立ち読みを開始する。もー、時間気にせず立ち読みなんて、久々すぎてウハウハです。恋のお悩み、恋のお悩み、ということで雑誌一冊読み終わる頃にサリー登場!一時間くらい読みふけっていたらしいが、苦ではなかった~。

日本橋コレドの古奈屋にて、カレーうどんを食す。
は~、食べたかったのよ、ここのカレーうどん♪
白い前掛けを垂らしつつ、堪能~。内装の盆栽や照明に癒される~。
コレドのおトイレにて、歯磨き完了~。
今日はちょいと風が強いのよね。逆らいつつ東京駅へ向かいます。
お茶やおやつを買い込んで準備万端、バス乗り場へ。
今回の夜行バスは女性専用車というだけあって?というか、予想外に社内は静かで、お喋りは憚られる感じがしるー。お互い疲れていたこともあって、高速に乗って暫く、眠りについたのでした。しかし、静かすぎるよ!(あんなん初めて)

無事、京都駅に到着~~。
寝ぼけ頭にはちょいとキツイが、荷物を担いでチケットセンターへ突入。
しかし、朝早すぎて開いてません・・・うぬぬ。
ふと振り向けば、お風呂の割引チケット発見!おぉぉぉぉ!
んじゃー、風呂へ行きますか!
ということで、京都駅前の道路を挟んで向かいのビルの地下に行きました。
♪♪♪~、朝からお風呂なんて贅沢な気分~。
スッキリさっぱり、ですよ!さて、気合充分、行きますよ~。

再びチケットセンターに戻り、バスチケを手に入れて出発です。
朝ご飯は、チケットセンターのコーヒースタンドで立ち食い~。
目指すは鞍馬!出町柳までバスで向かいます。(時刻は8時)
おお、見慣れた駅じゃ!叡山電鉄に乗り換えです。
以前の旅でこの辺をテクテク歩いたので景色が懐かしく感じます。
荷物はロッカーに入れてね。身軽になって、いざ鞍馬!
ちょうど鞍馬行きがなくて、待つのもナンダし、途中駅までの列車に乗ることに。
もー、待ちきれないのですな、2人とも。
世間は月曜日、朝の出勤風景です。

途中の駅で、鞍馬行きがくるのを待ちます。

 〔来ました、来ました鞍馬行き〕     〔こんな絵ついてたっけ?〕

人気のない小さな駅、陽射しは強いです。良いお天気、鞍馬日和?
ンガーっ、暑いっちゅーの。(これから山登りなんですってば!)
鞍馬行きの列車がきました。車内は、ハイキングの人達で賑やかです。
鞍馬駅につくと、おおきな天狗の顔!!
「でけぇー、うおぉぉ!」記念撮影♪
そんな興奮している間に一緒に乗ってきた人達はどこへやら??? 素晴らしくみんな消え去っていました。動物とかの造形ものに弱いからねぇ、ちゅー太は。興奮するちゅー太をよそに、サリーはしっかり鞍馬の火祭りの話を読んでましたね。
鞍馬の入口に並ぶお店で饅頭を2種類買って、半分コしました。
うむ、美味しかった!お土産屋の天狗とカッパのお面に見惚れつつ。
鞍馬に参る前に、昔の建物?を見にちょっと寄り道。
陽射しは強いものの、沢の水の綺麗なこと、その向こうに見える畑の緑の美し いこと。
もー、景色で心が潤されます。さてさて、鞍馬に戻ってここからが本番っスよ。
 鞍馬寺。
あ~、お獅子ぃ~、惚れる~。ここのお獅子はトラですな。会いたかった!
 胸毛の感じが良いでしょ!
門をくぐって「ケーブルカー乗り場?」(サリー)
うにゃうにゃ、歩ってもたいしたことないんじゃない?時間はたっぷりあるし、
歩こう、歩こう♪(ちゅー太)
しかし、すごい砂利道です。はっきり言って、歩き難いです。
・・・。・・・・・・・・。
前きた時歩いたんだよね?(サリー)
うん、降りてきた。・・・。(ちゅー太)
それは紅葉の時期で、人が多くてダラダラ降ってきて勾配なんて気にする余裕はなかったのでした。しかし、いや、こんな筈では。こんなに、キツイとは・・・。
しかし、突き進むのです!ケーブルカーなんてチャライ、チャライ。
きっとすぐ上に着いちゃうのさ~。と楽観的な思考に反して、あがる息!
はぁ、はぁ・・・。汗だくです。
途中にお社が出現。おぉぅ。行ってみるか?仰ぎ見る、急な階段・・・。
いや!ここまできて、行かなきゃ!ここは、行っとかなきゃ!
登ってみると、天狗みくじ発見。おぉ、やらねば!

少し変った狛犬がおりました。でんでん太鼓とかもってるの。
 
ひゃ~急階段、降りるのも、ひと苦労ですー。
再び砂利を登る。じゃり、じゃり・・・。だんだん道がクネッてきました。おぉ、山道らしい♪はー、いいもんだ~。そのうち余裕なくなってきて、はぁ、はぁ・・・。ど・・・、どこまで続くんだこの クネクネはっ・・・。ちょっと待て、ここはまだ、鞍馬寺の前じゃんよー!予想してた山道とは、鞍馬寺の裏門から木船に至る工程なのに、既に息が。おぉぅ、こんなはずでは・・・。・・・け・・・ケーブるぅ・・・。
どれくらいかかったのでしょうか。山道ではなく、石の階段になりました。
ひゃ~、キツイ~。でもあと、ちょっとなのぉー。
視界が晴れて、周りの山が見渡せます。空の青に木々の緑。
本当に良いお天気です。鞍馬寺、到着です。
はぁああああ、あなたに会いたかったのよ、狛犬さん♪
 
疲れも吹き飛びましょう!かっこいいトラ狛犬に惚れ惚れです。
寺の右奥には水に関するお社がありました。天井には龍の絵。
昔このへんにいた大蛇が退治される時に雌の大蛇だけここの水を絶やさないと誓い、ここに奉られたそう。手桶とかが奉納されてます。
その前に藤棚がありました。蜜に誘われてクマンバチのいること、いること。
ぎゃーーー、寄るな、触るな、あっちいけーっ。みなさん、逃げまくり。
あの羽音は、本当に怖いざんすよ~。
左の建物の前に庭がありました。どうやら、宇宙人が降り立ったのを表わしているようなのですが、むむぅ・・・わからんっ。
お線香を立てて、お参りも済んで、これから山道っスよ。
の前に、腹ごしらえ。僅かなおやつとお茶で喉を潤す。
これからの山道はキツイため、杖を持つ方が多いです。源義経が天狗に剣術を教わったという山道を登ったり降ったり。看板によると、修行僧は道ではないところを歩くらしい。
ナゼだろう、何故そんなキツイことをするのだろう、考えつつ歩く。
と、いろんなものが見えてくるようです。(目に見えるのではなくて)
いろんな木を見ていると、さまざまです。倒れ掛かっている木。それを避けて 枝を伸ばす木。老木や、既に朽ちた木。まさに生命を感じます。 「生きたい」という思いの強いものが生き残る、そんな単純だけれどもその 厳しさや難しさを感じました。足元には時々、山椿(?)が花を散らしています。どこかでキツツキの音、遠くだったり、近くだったり。そんなことをいろいろ巡らしているうちに、疲れを感じなくなるようです。

木船に着きました。
そろそろお昼にしたいですねぇ。
テクテク歩いていると、呼び込みのおばぁちゃんに掴まってしまいました。
見るからに百戦錬磨の凄腕のテダレ!
どうしようやばい「お値段に併せてつくれますよ」って、なんか怖い!
それよりもまずは、木船神社を参りたいと、逃げおおせる・・・。
あぁいうのには、弱いのよね。人力車の呼び込みとか・・・。
木船神社では、水みくじをしました。吉だったかな?
どこかの会社の人がお祓いするところをちょいと見学、祝詞を聞く。
再び道に戻って、奥のお社へ。
通り沿いのお店では、ちょうど夏の川床作りが行われていました。
水もキレイだし、きっと川床で食べたら気持ち良いだろうね~。
奥のお社では、祭りの後でしょうか、狛犬に白い前掛けがされていました。

んもぅ~、なんて、可愛いのぉ!?う~~~ん、可愛い!
きゃ~、またもや狛犬に惚れ惚れ。四方八方からパチリ、パチリ♪(ついてきてくださーい)
お昼は途中にあったお店にしました。川床ではないですが、座敷が川の上に位置するので、なかなか気持ちの良いところです。暑いけど、熱いみそ煮込みうどんを食べました。うーん、ゆばってはじめて食べたけど・・・、うま、くは、ないな・・・うーん。

お腹もいっぱいになって、叡山電鉄の木船口駅に向かいます。
これがなかなか遠くて、まだか?まだか?と思いつつ、口には出さずに
やっとこ着きました。電車が来るまで待合室でお茶。壁の落書きを何気なく眺める。「風さそう・・・」あれ?なんか知ってるぞ・・・って忠臣蔵の浅野タクミノカミの辞世の句じゃないですか!なんじゃいな。車中では恋話なんかも交えながら、出町柳に帰ってきました~。
さぁ、荷物を持って本日の泊るところ、真如山荘へ向かいますよ。
近そうなので歩いて向かいます。
とはいったものの、考えてみりゃー、今、山のぼってきたんですよねぇ?
んなことは忘れたのか、歩く歩く。地図を頼りにあっちだ、こっちだ。
見上げた方向は木々におおわれて静かな感じです。
近所の人しか通らないだろうなという感じ。静かすぎてちょっと怖いです。
でも「山荘」なのだからこっち(木々のある方向)なのだ、と勇気づける。
細い坂道を歩いていくと、ありました。ここが真如山荘。
入ってみると、やはり静か。お客も多くないようです。なんせ月曜日。
お部屋は懐かしい旅館のようです。畳だよ、タタミ~。
とりあえず荷物をガサゴソ、TVをつけてまったりー。
さて、これから夜の計画を立てましょうや!ご飯はどこで食べようか?夜の特別拝観も行かなくちゃ!
まずは祇園を歩くことにしました。一力の路地を入って、裏路地を散策。ようじやでちょっとお買物。祇園白川へ向かう途中に舞妓さん御用達の甘味屋さんを発見!地図を頼りに夕飯のお店に向かいました。入ってみたら飲み屋?お通しとか出てきちゃってびっくし。雑誌に載ってた雰囲気とのギャップにちょっとひびる。でも、ここの煮込みハンバーグは美味しかったねぇ~。
さて、腹ごしらえも済んだことだし、夜の拝観へいきますか!
八坂さんを通り抜けて、円山公園を抜けて(夜はちょっと怖いです)、知恩院にさしかかりました。はー、まもなくのはずなのに、まだかよー。この次のはずなんだよぉ、確か。拝観時間終わっちゃうやんけー。
小走りしつつ、たどり着きました。
門でお坊さんが挨拶してくれました。なんとなくホッとしました。
お客さんはあまりいないので、ゆっくり堪能です。
お庭は薄暗い中にもツツジが映えて、とても美しいです。お見事です。
途中のお部屋でお参りしました。えとー、3回唱えなきゃいけないんですよ、うぁー覚えきれないよぅ。その上、願い事を強く念じながら・・・なんて難しいよぅ。なんて言いながら、お勉強関係についてお願いしてきました。
ようやくお庭の散策だな~と外へ出ると、雨?えー!!予想外でした。この様子だとしばらくやみそうにありません。あん、残念だな~と小走り。
出る時もお坊さんにご挨拶。雨なのに、なにげに急がない2人。
門まで来た時には、意外とテクテク普通に歩いてましたね。
どうしようか、こんな裏道ではタクシーなんざ捕まりませんよ?
しかし、バス停までは遠いですなー。もしタクシー来たら乗っちゃいますか?
なんてことを言いながら歩いていくと、道の向こうからタクシーが。
なんて偶然なんですか?と顔を見合わせる2人。
良く見れば、三つ葉のはずが・・・四つ葉のタクシー????
すかさず手を挙げる。これが噂の「幸せを呼ぶ四つ葉のタクシー」。
見かけるだけでなく、まさか、乗ってしまうとは!!
もー、興奮でした。
おじちゃんの話によると、昼間は観光タクシーをしていてちょうどお客さんを送り届けて、どっちの道を帰ろうかな?と曲がった先に私たちが居たそうです。私たちもめったに乗らないタクシー、雨でもなければ止めなかったでしょうに。おお、なんて素敵な偶然。
車中、おじちゃんによる幸せエピソードにちゅー太はマジでほろり。
乗車記念に名刺と四つ葉のシールをいただきました♪

   〔タクシーとおじちゃん〕      〔ね、ちゃんと四つ葉〕 
少し興奮気味で旅館の人に四つ葉タクシーの話をすると「へー」とあまり興味のない様子。うーん、そんなもんなのかな~。
お風呂は10時までだったかな?3~4人分くらいのお風呂。
なんと泡風呂スイッチ発見!!おぉ、後で浸かるべ~と思ったらそれ1回きり
らしくて、いざとなったら泡のひとつもなしに、拍子ぬけ~。あらら。
お布団に入ると、日ごろの疲れでしょうか、TVを少し眺めただけで、グッスリ朝まで寝てしまいました。
 旅のお供いちのすけと鞍馬のトラ鈴。

朝~。食堂で朝食です♪
外は、あいかわらずの雨模様。新緑に雨はキレイですな~。
こんなにのんびり眺めることもあまりないな~と、ちょび感動に浸る。
いえ、そんな悠長にしてる暇はないですよ。けっこうな降りですからねぇ。
お、そういや傘なんて便利なもん持ってなかったぜ・・・。
タクシーを呼ぶしかないかと、フロントでお話してみると、なんと傘をくれました。
2本。あ、一人は(サリー)持ってますんで・・・とも言えず・・・。
「ありがとうございますー」
持ってなかった、不精なあたくしは助かりました。(涙
しかし、歩くですか~・・・。内心、タクシーのが良かったなーと思う2人。
いただいた傘をひろげてバス停へ向かいます。
晴れていたら、朝のうち金戒光明寺を散歩しようと言っていたのですが残念。
でもここは紅葉がキレイだと言うので、また秋にでも来ましょう。
まずは、今日泊るサンホテルへ荷物を預けに行きます。(三条)
四条通でバスを降りる頃には、バケツをひっくり返したような雨で、歩くのも一苦労で、朝の出勤風景も戸惑う感じでした。
今日は予定どおり、街中散策。

小川邸こと二條陣屋の見学をします。
激しい雨のおかげで足元がびしょびしょになってしまいました。なので、裸足で見学です、ちょい寒い~。
大名が泊った旅篭ということでカラクリがいっぱいあってすごく楽しかったです。
もぉー、隠れてみたい~。ここでかくれんぼしたら絶対、楽しいですよ。
1時間ほどの説明を聞いて終わりです。お腹すいた~とトイレ目当てではあるけれども近所の喫茶店でお昼にしました。チキンカレーとパフェ半分コ♪雨はいくらか小降りになってきたようです。
せっかくなので、神泉苑を見ることにしました。
桜の時期に間に合わなかったと少し残念に思っていましたが、見事なツツジに感動です。さすが、京都は四季折々、楽しめますね。
 

さて、ここから街をぷらり旅。サリーのお友達のお家を探せ!!
観光地をめぐるのとまた違った感じで、こういうのも楽しい。
歩き出す頃には雨は弱くなり、このままあがってしまうかな?という感じに。
住所のメモとガイドブックを見ながらテクテクテクテク・・。京都は桝目になってるって言われますけど、露地に入ると意外と複雑・・・。二条城から西の方は、けっこう道が複雑になってるのかな?なんとか住所にはたどり着けましたが、えーと、この辺?で・・・どれ?!(家)。んー、どうやらココ、・・・この辺らしい・・・ということで次に行こう!
次は、歴史的建造物が残る三条通りを歩きました。
車通りが激しくてちょと安らかには行きませんけど、建物とかお店の様子を見ながら歩くのが楽しいです。
少し大きな通りを渡ると六角堂。また少し雨が降ってきました。
六角堂の入口にはおおきな柳の木があって、他のお寺さんとは違った雰囲気。
お目当ては鳩のおみくじ。売店で買いました。
ついでにお抹茶とヘソ饅頭で一休み~。これも美味しかった。
そうだ、ヘソ饅頭で思い出しました。
ここは京都の中心とかいうヘソ石があるのよね。フムフム。
売店から出ようとしたら、待ってましたと鳩が一斉に襲いかかってきました!!
ぎゃーーーっ!思わぬ襲撃に店内に舞い戻る。うぅぅ、どうすれば・・・。 反対側の扉に向かうも、逃しはせんと待ち受ける鳩の群れ。
ほっほー、ほっほー、ぐるるるる。(鳴声)
恐ろしい、群衆は恐ろしい!!かかってくるなら一人ずつにしなさい!でも、ここはお寺。殺生も決闘もダメですよ。ぬおぉー、襲ってくるのが平和の象徴ってのはどうなのよー?うおぉぉぉぉぉ!なので、他の客が来店するまで足止めです。鳩たちの気が外れたうちに脱出しようという作戦です。作戦は成功したようで、私たちが鳩のエサの類を持っていないのを確認すると拍子抜けするくらい何も起こらなかった。もーっ、怖かったんだからーっ。
雨が小降りになるのを待って、京都文化博物館を見に行きました。
ここは旧日本銀行京都支店といって、昔の銀行の窓口とか残ってます。
レトロでかっこいいっス。銀行ごっこしてみたいー。
よくわかんないけど、縄文式土器なんかも置いてあって、不思議。
別館へ。京都の歴史が展示してありました。
しばしミニチュアの模型に魅入る。細かいの見るの好き~。
好きなんだけど、博物館も広くてね、今日もけっこう歩いてるのでヘトヘト~。
もー、さすがに足が痛い・・・。
お夕飯は博物館にあるお蕎麦屋さんで。
なんかさっきも食べたような・・・(まだ5時過ぎ。昼からそんなに経ってない)
ご飯と格闘するサリー。すき焼き丼だっけ?ちゅー太はカレーうどん。古奈屋で食べたのもう忘れてる・・・。ちなみにお昼はチキンカレーだったじゃないですか?・・・カレー大好き??うんにゃ、カレーうどんは別格ダス!
外に出ると雨は上がっていました。道路がところどころ乾いてきてます。
向かいに骨董屋さんがあったので、しばし散策~。
何か買物しながらホテルへ帰ろうか・・。ということで地下街とかウロウロ。したらあちこちにあるモニターから聞こえるアカペラの歌。えーと、地方番組かなんかでしょうか、ゴスペラーズのじじぃ版。うーん、あちこちから響き渡ってて凄い。しかも、これはお唄、うまいの?謎だ、ナゾすぎるぞ京都ォ~。
地上へあがると何時の間にかホテルのある通りの近くまで歩いてきてました。
やっぱり歩きどおしやん。錦市場の方へ向かいました。 
なーんか、たこ焼食いたくなったー。ポンデリング食べたくなったー。急な食欲、・・・ヤケですか?(体調がおかしい現象です)あとケーキを買いにユウハイムへ。うーむしかし、お好みの感じがしない。近くにあったパステルでプリンケーキとチョコケーキお買い上げ。半分コ、半分コ~。買ったは良いが、てこずる食べ物たち。
順にお風呂をいただいて睡眠~。つーか、サリーが出て来るのを待たずにちゅー太は深い眠りの中へ・・・。

朝~。いつ寝たのかもわからない、ちょっと不振げなちゅー太。
しかも、両手がキレイに胸の辺りに・・・、とサリーに言ったら、手を出しっぱなしで寝てたので、入れてくれたのだと。もー、子供っスよ!ありがとうございますー、もー。つか、そのまま寝返りうたなかったんか。
今日は雨は降ってませんが、風が強いです。
ホテルを後にして、荷物を置きに京都駅へ向かいました。
さて、どうするね?まずは、特別拝観の知恩院の三門へ行きました。
ちゅー太は1度訪れていましたが、是非ともサリーに羅漢像を見せたかった。
叶ってうれしいですよ。一緒に拝見できて良かった。
知恩院もちょっと拝見してみよう。奥の方に行くと鴬張りの廊下もあって、なんだか忍び入った気持ちになって歩いてみました。うー、わくわくするな~。奥の建物と寺とでは、屋根の先にのってる像(屋根飾り)が龍や獅子等から何かの実だったり菊?もしくは蓮?のようなものに変りますね。そういうのも調べてみたい。知恩院って広いよー、売店で一休みです。
再び祇園に出て、島原へ向かいます。
バス停で会った詳しそうなおじぃさんにガイドされながら京都駅へ。
つか、直接島原方面へは行けなかったので、バスターミナルで乗り換え。
はぅ、見学の予約時間が迫ってます。おじぃさんとは2つ前のバス停で別れて、2人で焦りまくる・・・。島原口から徒歩10分・・・、あと何分・・・?かなりドキドキです、10分以上歩いても着かないですよー、よよよよよ。今回は本当に頼りにならないちゅー太の感。やはり発動しません(ーー;)途中で思い出してくれたサリーのおかげでたどり着けました!

角屋のもてなし文化美術館。
←ここに新選組の刀傷
     〔外から見た入口〕          〔中に入ると赤×黒〕

時間ギリギリ。受付でワタワタワタワタ・・・。
 ちゅ 「うわーん、千円がもどってくるよぅ・・」(券売機)
大丈夫だよ、逃げやしないから~、と係のおじぃちゃんたちに笑われました。
小走りしつつ、お目当ての2階のお部屋に向かいました。少し説明は始まっていましたが、ここはおもしろいですな~。新選組の刀傷があったり、いろいろあって、もっとゆっくり見てみたい。螺鈿の間はカッコイかったな。
1階に降りて、お庭の説明を伺う。説明の方のお話がうまかった!芹澤鴨が酒を飲まされた部屋ってとこで、ちょっとホロリときました。でも説明の方の言っぷりからするに、京都の人にとって新選組はあまり良い
感じはしていないみたいです。そりゃそうだわな、ここ、芹澤鴨に火をつけられたとこらしいです。説明の後は、自由に1階を散策。
うちらは一番最後まで見てました。2人とも違う視点を持ってるから、おもしろいやね。
 
          〔庭〕            〔芹澤鴨が酒飲まされた部屋〕   〔螺鈿〕
そういや、入口にかまどの神様があって、びっくりしました。
帰り道には、来る時は通れなかった島原大門をくぐりました。
おぉ、なんか、島原来たって感じー。

あとは、普通の町並みを途中で団子なんぞ買って食べながら歩いて、京都駅へ戻り、少し早いけど、地下のラーメン屋で夕飯。お土産も買って、さぁ、帰りの新幹線。日ごろのお疲れも重なり熟睡~。

ひゃー、今回の旅は、サリーに任せっきりにしたり、本当に頼りなくてですね、ご迷惑をお掛けしました!ありがとうでした!とても楽しい旅でした。
今までにない、のんびりした日とハードな日に分けての旅程でした。
天候はいまいちだったかな?でも初日の鞍馬は天気良かったし、夜の雨には参ったけど、雨の京都は初めてでしたので、わくわくでした。
桜の時期は外れてしまったけれど、緑が綺麗だったし、四季折々の素晴らしさが京都にはあるのだな~と実感もしました。
のんびり街を歩くのがまた良かったね。普通の町並みといっても、やはり東京とは違う感じで、お友達の家散策もおもしろかった。
あとは、二人に幸せが訪れますように。 
 
                  ちゅー太。


2003秋の京都。 [旅行]

2003年 秋。会社のお友達と京都神戸大阪を旅しました。

今回の旅は、マジで写メールする間もないくらいハードでした。
全員息切れ!ってことが何度あったことか・・・。

思い切って比叡山へ行ってきました。なかなか良いですよ。紅葉にはまだ早い時期でしたが、
天気は良くて、緑の中に浮かぶ朱色の建物は、とても綺麗でした。バスの時間にズレちゃうと、予定が狂いまくるので、厳しいです。山登りに、長い階段、もぅーーー、ヘトヘト~。しかし、思いがけず琵琶湖が眺められるなど、感動アリ!
 
  〔叡山電鉄〕        〔ゾウさん〕        〔比叡山延暦寺
  〔紅葉〕        〔草鞋・鬼?・護符〕    〔お釈迦様・足跡〕    〔道〕

南禅寺の近くで湯豆腐をいただきました。
最初にゴマ豆腐(和がらしがきいてウマイ)、とろろ、木の芽田楽、湯豆腐、天婦羅、ごはん、と コースのように出てきました。湯豆腐には山椒をかけて食べるのですが、私は苦手(香辛料に弱いので)。でも、香が良かったですよ。とろろを取っておいて、ごはんにかけて食べたの、んーまかったよ。
 〔湯豆腐〕    〔木の芽田楽〕

それから南禅寺をプラリ。
一人でフラフラしてたら、一人旅?の外人女性に「カメラいいですか?」と言われて、写真を撮ってあげました。なんかいいねー。
   〔南禅寺の水路閣〕            〔上に登って見たとこ〕

そのまま歩いて知恩院へ。
しかし、時刻は4時(閉門)に迫っています。とても七不思議を見つける時間はないようです。
でも、そんなの悔しいので、早歩き、早歩き!
           〔三門〕                     〔知恩院〕
三門にたどり着くと、特別拝観がありました。門の上にあがれるの!
狭くて急な階段を上がって行くと、釈迦さんと12羅漢像が並んでいました。天井には龍と天女とカリョウビンガが描かれていて、梁には麒麟と龍になる前の段階の生き物が。とても感動でした!
昔は羅漢像の目にある金色がギラリと光って、さぞ身の引き締まる気持ちがしたことだと思う(目の色が残ってるのは2体ほど)。
結局、知恩院へは入れず、七不思議はまたの機会になりました。

円山公園をぬけて祇園へ。
とにかく、スィーツが食べたい!祇園小石へ。
しかし、なんだこの列は!!以前来た時はこんなに繁盛してなかったのにぃー(皆辻利へ行くので)。ちっ、人気でたか・・・。しかたなく、祇園らしいところへ行こう ということで、祇園白川へ。でも、やっぱスィーツが食べたい!というので、白川の祇園小森へ。ここも並んでいるけど、入っちゃえーって感じで。入ってみると、とても落ち着くところで、なかなかグー!
季節限定のマロンパフェを食べました。
 
抹茶ゼリー(わらび餅みたいな感じ!ゼリーだったらゼリー嫌いの私は食べれなかったけど、これはウマ!)の上にバニラと抹茶のアイス、その上にマロンケーキ!スポンジは抹茶。一番上にマロンのソバがかかってて、甘いのはソバ(マロン)だけで、かなりウマ!!ペロリといけちゃいます!
お買物をしに、一力茶屋の方に戻ると、舞妓さんが見れました!とても可愛くて、綺麗でした!
そのまま先斗町を眺め歩いて、錦市場(閉まっちゃってるけど)を歩いてホテルまで歩いて・・・、ってかなり歩きすぎです!!ホテルは四条大宮。んー、旅先でこんなに歩いたの初めてだよー。午前中は比叡山で山登りして、またこんなに歩いて(朝も同じ道程を歩いた)みんな足が棒のようだよ。風呂に入れるのかも心配。

次の日、起床6時!
何故かと言うと、昨日比叡山で時間狂わせにあったので、行けなかったところを午前中に行き、それから神戸へ行くことになった。
ホテルのおむすびサービスをいただいて、壬生寺へ。でも時間が早かったので、新選組の墓所は入れず。そこにはミッチーこと三橋道也の歌が100円で聞ける歌碑があったのにぃ、ちょっと残念。まあ、聴きたいのは私くらいなんだが。(ちなみに春日八朗はハッチー、村田英雄はムッチーの愛称で呼んでる)
そのまま歩きしな、八木邸へ。
まだまだ時間は早いです。10時にあぶり餅屋を目指しているのですが、バスに乗ってしまうと、早く着きすぎてしまうので、そのまま歩いて二条城方面へ。
向かう途中に「陣屋」というところがありました。通りかかりのおじいさんの話しによると、大名などが泊った場所で、いろいろなカラクリが仕込まれてておもしろいらしいです!予約が必要なので、いつか見てみたいとこです。
二条城の近くの神泉苑へ。空海や陰陽師が雨乞いをしたとこです。

              〔願い事を唱えながら渡ります〕
再び歩いて二条城へ。といっても、歩きつかれているので、とても入る気にはなれません!(敷地デカイし!歩くのもぅヤダ)まだ時間が早いのですが、足には限界が迫ってます!ここは、バスに乗るしかない。乗って、金閣寺に行っちゃお!
ようやくバスに乗ると、しばらくして天気雨?サラサラと降ってきました。今日は降ったり止んだりという感じみたい。歩いている間(2時間)は降ってなかった、って、ちょっと不思議(らっきー)。
さすが、人気のある場所、歩いているうちに何カ国語を耳にしたのか。
途中のお茶屋さんで一服。お菓子とお抹茶、おいしかったー。
 紅葉には少し早かったようです。
んでは、またまた歩いて今宮神社へ。(あぶり餅食べに)ちょうど七五三の時期で、可愛いお子ちゃまを見かけました。また歩いて、大徳寺をぬけてバスの通る道へでました。
次はケーキ屋さん。パパジョーンズ。
皆が期待してた「マーブルチーズケーキ」がなくて残念。それでもチーズケーキを堪能。荷物を取りにホテルへ戻り、神戸へ向かいます。ホテルまではバス、少し寝ました。
神戸の前に、大阪でホテルのチェックイン。しばし、部屋で休息。

神戸へ。
まずはケーキ屋。ちょうど時刻は3時。ちょうど混み合う時間帯で、イートインは叶わずでした。今回の旅は4人。みんなでケーキを分け合っていろいろ食べようというものでしたが、買ったのは2個・・・?うーん、小鳩と来た時は4個はかっていたはず・・・、みんな消極的?まぁ、予算の関係と、腹具合もあるようで。次に豚まん屋。うわー、並ぶとは聞いてたけど、かなりの列!ちゅー太が並んで買った時の6倍くらいかなー、ちょっと降参!エストローヤルへ!以前、感動したミルフィーユを求めて。シュークリームを4人分とミルフィーユを1つ。さすが、おいしい!(シュー皮が人気のお店)なぜかみんな消極的、旅に出る前と違うぞーって感じ。ケーキ食べたくて来たんじゃないのかー?そいでもミルフィーユは買う!と押し通しちゃいました。
先に買った2つのケーキを食べにメリケンパークへ行きました。ベンチで4等分して、それぞれパクリ、「おいしーーーいっ」あーもー、おいしいったらないよー。
次はどこのケーキ屋へ???と思ったら、「もう夕飯食べれなくなるからー」と夜景を見に行くことに。あれれ?もぅいいの?なんだかなー。んー、あれだけガイドブック見て騒いでたのに。
その後、ハーブ園から夜景を眺めました。時間が経つごとにちょっと靄がでてあまり遠くまでは見えなかったけど、キレイでした。

最後の日は大阪で適当に。
駅のロッカーに荷物を入れて、空中庭園へ。
地下道から出たら、結構な雨に降られて大変でした。ビルまでダッシュ!
ここの展望台で眺めて、その後、地下でお好み焼きを食べる予定なのですが、雨がひどくて展望はちょっと・・・。しかし、食べ物屋が開く時間まで、何もすることがなくて、きびしぃー。
結局、展望台へ登って、眺めてみることに。したら、何故だかマチュピチュの模型出現!(特別展示)ナスカの地上絵の説明とか展示してあって、何とか時間つぶしできました。(見てるのはちゅー太だけでしたが)
お好み焼き屋さん「きじ」。
3種類焼いてもらって4人で分けたのですが、ウマし!モダン焼きのうどんがこれまたウマ!家で作りたいよー。お店の対応も気持ち良くて、また来たいなーと思いました。

帰りは、新大阪の駅で豚まんと餃子とシュウマイを買い込んで、新幹線の中で食べました~。ぅんまいよぉー。

そんな感じな旅でした。
今回は、食べるより、運動(山登り・街歩き)してたって感じ。ヘロヘロ~。
ミルフィーユは、みんな喜んでくれて、良かったっス。やっぱり神戸ケーキ、あなどれないっス!
あと、比叡山は「寺」なので、狛犬がいなーいっ!!ションナー!!

んー、京都はまだまだ行き足りない。
とにかく「寺より神社だな」と思った。お獅子殿がいないのは淋しいこと、この上ない。

                                              ちゅー太。 


「2003京都・大阪・神戸」其の四 [旅行]

起床、5時30分。
ちょこざいなっ!朝風呂へレッツゴー

旅行最終日、京都へ行きます。
大阪~京都はだいたい30分。いろいろ逆算の結果、8時前にはホテルを出発することになりました。

二人とも、7時には荷造も終え、ゆったり気分で・・・冷蔵庫を開く!
中には、一人に一つずつのケーキ
やっと、小鳩のシフォンケーキのお目見え~。すんげぇー巨大!(シフォンケーキってどこも大きいけどね)ただのシフォンじゃなかったね、間にバナナが挟まってるし、つまり、りっぱにケーキなのだ!
「にひひひひ~」御満悦の小鳩。 ちゅー太のはふんわりショコラ♪小さいけどベリうま!
っと、忘れるとこでした、昨日残してた肉団子。冷やしてもやっぱり美味しいですー。
これを朝ご飯に、7時30分、ホテルを出発。

今日は月曜日。天気は良好、出勤の方々とすれ違って歩く。中には朝帰りのホストらしき方々も。
駅も出勤風景。
ホテルを早く出たおかげで、特急に乗れることが判明!
ホームから特急専用ホームへ走って、走って!15分程で京都に着いちゃいました。
(トロイ私たちにしては、驚異的奇跡な状況っス!)
まずは荷物をロッカーに押し込んで、準備万端。
バスの1日乗車券を買って出発~。

6月30日は、どの神社でも厄除けの輪くぐりが行われる。
本日は6月9日、でも1社だけ、6月中行われているというので、そこを目指しました。なんとしても、厄除け!
車折神社(くるまざき)、芸能の神様がいるところです。
まだ、9時前。人が居なくて静まり返ってて素敵。朝の清らかな光の中、木漏れ日が気持ち良い。
社殿前の鳥居に藁をよってつくった巨大な輪がありました。
「茅の輪くぐり」といって、半年分の厄を祓うというもの。まずは、手水で清めてね♪
ここは桜の名所らしく、屋根の瓦や、明り(照明器具?)などに桜のモチーフがありました。
どうやら、裏から入ってきてしまったようで、お獅子殿がいない。うわーん、そんなのイヤー。
芸能神社なので、芸能人が奉納したという名前もちょっと見つつ、お獅子殿、発見~。かんわイイ~。
写真を撮ろうとしたら、頭にトンボが!なんて風流なの~。
通勤の途中で参って行かれる方がいたりして、なんかそういうのカッコイイ~。

次は北野天満宮。
菅原道真公が縁、梅が有名で、牛がモチーフとなってます。
の、ちょっと前に、豆腐屋があるんですよ。六本木ヒルズにある「トーフカフェ」の豆腐屋さん「藤野」。
その近所にちゃんと「トーフカフェ」もありました。なんつっても、豆腐は大好きですから、豆乳ソフトを迷わず買って食べ歩く!
そして、北野天満宮へ。
こりゃ、デカイ・・・鳥居もデカけりゃ、狛犬もデカい。びっくりしたので、とりあえず参道へ!(逃げる・・)
入ってすぐ右に「(なんとかの)松」というのがあって、その前にも可愛らしい獅子殿が、ちょんまり。
でも、まだ豆乳ソフトを食べてるので写真は帰りにしましょ。
参道には牛の石像。途中にも狛犬。牛・・狛犬・・牛・・狛犬・・向こうの角にも狛犬・・いっぱい居るぅ。
え?マジ?全部撮っていくの?(・・・ちょっと心で葛藤)
やっと門をくぐって、手水へ。やっぱりモチーフは牛。
あ、木に隠れたところに牛!パチリ。ふふふ、逃さないわ~。(目が赤い牛、なんでかしら?)
あ、また。牛・・牛・・狛犬・・牛・・牛・・牛・・・中は牛の勝ち。 いや、そういう問題では・・・。
やはり中に行くほど牛が多くなります。
この、中の方の参道脇に居る牛と、自分の体の悪いところとを交互にナデナデすると良いらしい。
やはり出たな!敵は修学旅行生。どかすわけにいかないので、ちっ、しょうがねー。
お獅子殿を撮ってる時も、「写真撮ってもらおうよー」と言い出す友達、言われて迷う友達。あぁ、私もそんな時があったな。でも結局頼めなくて、「あーぁ、みんなで写りたかったのにぃー」って言うお前が声かけろよって思った・・・。
社殿は大っきいー。屋根の真ん中のモチーフはやっぱ牛!
あ、こんなとこにも牛!こんなとこにも・・・なんか楽しい。
ここは学業の神様ということで、修学旅行生は絶えないねー。
おみくじ引きました。
ちゅー太 「大吉」~。初日は吉でしたが、だんだん運気上昇?小鳩は、小凶!?ナントまー!
でも、中身(お告げ?)が大事なのよ!
これが、ラッキーナンバーとか二人とも一緒というか、近しいものが出てて、ちょっとびっくり。ってことは、二人一緒に居れば、悪くないってことじゃん!(大吉と凶が相殺されるんじゃない?なんて)大丈夫、大丈夫。
厄除けのお守りがあんまりキレイなので買っちゃいました。
私も買ってくる!と 小鳩、
見ればビニール袋を手にしている。・・・?それは、ナニ?
    小鳩  「梅っ!」
へ?梅っ、買うもんなんだー、って売ってるから買うんだけど。
梅かぁー、梅ぇ?(こんなとこで)梅?・・・買うんだぁー。
ちょっと、軽いカルチャーショックを感じた。
(その行動はとても小鳩らしい!だが、私の予想を越えすぎだ!)
帰りは、見かけたお獅子殿をパチリ、パチリ。いったい、いくついたのか、恐くて数えたくない・・・。
(やっぱり、全部撮ってきましたね。誘惑には逆らえない~)
バス停のちょっと先に「粟餅」屋さんがある。
日持ちがしないので買ったことなかったけど、昼ご飯、もしくは新幹線で食べようと、買ってみることにしました。

バス停でバスを待っていたら、
「金閣寺へはどうやって行くのか教えてください」という声が。
・・・なぜ、土産袋さげた観光客のウチらに聞くのだ!?
一緒に地図を覗き込んでいると、地元のおばちゃんが教えてくれて助かりました。
「ありがとうございましたー」 いいんだけどさ。
きっと、ぽわーんとしてたから声かけやすかったんだよ・・・。 なんだか、トホホな気分。

今宮神社。
ここは疫病神を奉っているところです。
前に来た時は、ちょうどお祭りで賑わっていました。
ここには「あぶり餅」という名物があって、参道の両脇に店が2店、客引きを競っている。
と、いうのをすっかり忘れて、境内へ入って行きました。
だって、待ち遠しかったの、お獅子殿!ここのはちょっと変ってて、狛犬の下に鬼がいるのです。
さすが、疫病神社!
祭りの時と違い、人気はありません。
門の前に信号機があって、景観ぶち壊しじゃん!っていつも思うけど、中に入ると、外のことは忘れてしまう程心が静まるところです。
おみくじ引きました、やはり大吉。小鳩は吉。 上昇したね~。OK、OK~。
ここは、京野菜が描かれた錦のお守りが珍しいです。

では、お腹減ったので、あぶり餅~GO!
さて、どっちの店に行く?とりあえず、ちゅー太は2店ともいくつもりだった。
左からおばぁちゃん、右からおばちゃん2人。・・・恐い!!
なんだかよくわかんないけど、右の店へ入りました。
席について、小鳩、とても恐かったようだ。私もびびった。
あぶり餅、美味しい~。もー、ぱくぱくいける。一人、一人前ずついただいて。まだ、入るな~。
こんなとこへ来たら、食べ比べしないと、意味ないじゃん?って、いつも両方食べて行くんだけど、今回は人気が無さすぎて、うちらの行動が丸見え・・・。
なので、もし行くとしたら、境内へ参る前に1店食べて、帰りに向いの1店を食べるようにした方が、なんとなく心は痛まない。っていうか、ちょっと図太くなったちゅー太は、お会計すんでそのまま向かいの店へ!!おののき気味の小鳩!下手な忍者じゃないんだから、んもぅ、小鳩ったら、動きが変よ?
って、その気持ちは重々分かるのだが。食いたいものは、食いたいんじゃー!
小鳩を席に送って、ばぁちゃんに声を掛けると、ちょっと嫌そうだったので、お姉さんに注文。
12時40分。清水寺方面へ向かうことにしました。
祇園で下車して、八坂神社へ。八坂さんのお獅子殿はカッコイイ!惚れます!
八坂さんは通り抜けるだけだったのですが、ちゅー太の目に飛び込むお獅子殿!!
ぬおぉー(駆け寄る)、あなたは何故ここに?ちょっと変った狛犬を撮りました。
では、さっそく清水寺へ向かいましょうか。
清水までの道は、趣のある小道が多いので、歩くのが楽しい。
だから、人気の少ない今日(月曜平日)歩きたかったんだ~。
てくてく、高台寺に近づくと、人力車のお兄ちゃんのお誘いが・・・。「時間ないんで~」とお断り。
でも、心臓バクバク。こういうの、断るのニガテなのよ、二人とも。
でも、チッタカ チッタカ 清水を目指します。
否、清水寺の門の近くにある西利(漬物屋)を目指すのです!西利の漬物はうまいよ~。
門の近くまで来ておきながら、帰ります!寄らんのか、清水!
帰る途中、「梅園」を発見!みたらし団子を買いました。ここのみたらしは、団子が四角くて変っている。
また八坂さんへ戻って、バスに乗って、京都駅へ。

さて、土産も買い込んで、荷物も整理して。忘れ物はない?5分前、お弁当も買い込んで。
さぁ、新幹線に乗って、帰るぞー。

もぅ、お腹ペコペコでさー。さっそくアナゴ飯!食べました。
おいしいよ~アナゴ。ぐー。寝不足の眠気も誘って、Zzzzz。そうよ、ガッツリ食べちゃって、もぅ!
忘れてたわね、新幹線で食べると言った「粟餅」と「みたらし」!
目覚めるたびに、ハッ、粟餅!ハッ、みたらし!と思うのだけど、腹一杯で叶わず・・・。ぐー。
結局、粟餅は(私が土産を買っていたので)小鳩が、みたらし団子は私が持ち帰ることになりました。
粟餅は日持ちしないのが残念だけど、とても美味しいよ♪

おかしいな、京都は食い倒れじゃないはずなんだけど、みごとに食い倒れてたね~。なんとも、楽しい旅でした。

後日談。
会社のお友達へお土産を持って来たちゅー太。
 友達 「ありがとー。でも、なんでチョコバナナ!?バナナ、(ちゅー太)嫌いだよね?」
うっ、見抜かれてる・・・な、なんてスルドイんだ。はわわわわ・・・(動揺)
さすがに嫌いなのにおいしそうだったからとは言えず、おまけのサルにひかれたとも言えず、笑って誤魔化す。おまけは、食い倒れバージョンのサルがでました。
小鳩も同じのが出ちゃったので、ちょっとつまんなーい。ちぇーっ。
そして、あまったチョコバナナ(の匂い)にちょっとたじろぐちゅー太だった。

ちゅー太 


「2003京都・大阪・神戸」其の三 [旅行]

旅行、2日め。  大阪ぷらぷら、の巻き!

お目覚め、7時。・・・起きてしまった。
たしか、昨日は車中泊で眠れなかったというのにぃー。寝直してみたりして、ゴロゴロ~、うーむ、耐えられん!たまらず、テレビをつけたらアバレンジャー。・・・。
さて、今日は何時から動くつもりなのだろう?
目が冴えてショウガナイので、うるさいことは承知だけど、(テレビもつけちったことだし)風呂に入ることにした。朝風呂のことは言っておいたから許してくれるよね・・・。
適当に10時にはホテルを出よう、ってことでいいかしらん。

大阪の行きたいところ。(一応、小鳩担当)
海遊館。蓬莱の豚まん。昨日、神戸で見送った一番行きたかったケーキ屋さんが入ってる高島屋。
え?へ?それだけ?  あと、食い倒れ横丁。  見事に、食い物だらけなんですけど・・・。
ちなみに、ちゅー太はあまり食べ物に興味がないので、(←今回は意外と食べてる)
大阪=食い倒れ(食)ということで、小鳩におまかせ。

本日のいでたち。
ちゅー太は昨日ジーンズだったんで、今日はスカート。小鳩は、逆にパンツ。
なんてウマのあったコンビなんでしょ。スイッチ完璧じゃーん。
そういや、旅の当初から疑問だった小鳩のかばん。行く時からパンパンなんだよね。
いったい何が詰まっているのかと思いきや、
出てきたのはサンダル。ソールがゴムの履きやすいやつだ。
・・・何でも、会社が引っ越すんで、持って帰らなきゃならないのを(何でか旅行に)持ってきたらしい。
昨日は山歩き並みで痛くしちゃったけど、もう安心よ。
「どうだー」と今日は強気だ。

本日は日曜日。
海遊館は、2時~5時くらいを狙って行くとして。(観光客の時間帯をはずそうという魂胆)
まずは、蓬莱の豚まんを食べましょ!
難波に向かいます。
とりあえず、るるぶ系の雑誌を見ながら、蓬莱本店を目指す。

ありました、蓬莱本店・・・まだ開店したばかりなのかしらん?
奥の方が薄暗いし、買いに来ている人もいないです。
・・・ちょっと、通り過ぎてみよう。 あれ?隣の隣に蓬莱のお店。
明るくて、奥では職人さんがこねている様子もうかがえる。
戻ってみる、通り過ぎてみる、戻っ・・・いいかげん妖しい!
二番目に見つけた店で豚まんを買うことにしました。ショーケースの中には餃子もゴマ団子も肉団子もあった。
チャーシューまん?どんな味なの~!!う~ん、目がキラキラしてきちゃうね~。

どこか人気のないところへ。
まず、何より、豚まんを食うべし!うー、早く食べてぇーっ。手にしたからにはもう我慢できんぞ!
昨日のように、コイツが冷えて行くのはたまらない!今度こそ、暖かいうちに食すのだぁーーーっ!!

躊躇なく高島屋へ突入。
屋上もいいなと思ったけど、エスカレータ脇のソファーで食べちゃいました♪ ほぇー、うめぇー。
夜にはチャーシューまんを食べよう!と小鳩と誓いました。

時刻は昼の11時20分。
さて、ちょうど高島屋に居ることだし、例のケーキ屋「レーブドシェフ」で買物しちゃおう!
くふふ、買ったらホテルに帰って冷蔵庫に入れちゃうのだ♪
何にしようかな♪悩むね~。
サイズはちょっと小さ目。値段もバカ高くはない。
二口サイズのふんわりショコラが60円だか80円くらいだから、並みなお値段だと思う。ケーキは350円くらい。
この際だから、ちゅー太は4つ買いました。小鳩は2つだったかな。
えっ!いいの?小鳩、足りるの?と心で思ったりする。
ついでに(ここはデパ地下)他のケーキ屋も覗いてみよう。
と、ある店で小鳩が立ち止まる。 「ん!?おいしそうっ」 「うわー、悩むぅー」
何やらシフォンケーキ屋さんで買ってきたようだ。箱が一つ増えている。微笑ましく眺めるちゅー太。

さて、お買物は済んだ。
次は~、本に載ってた餃子屋を目指してみよう。うんうん、旅っぽくてエエね~。さ迷いましょう!
また、来た道を戻る。蓬莱屋の前をまたまた通って。かっぱ橋とかも超えて。途中に大阪土産屋を発見。土産は、このあと新大阪駅に行って、買う予定でしたが、せっかく見つけたので入ってみることにしました。いつも駅で買うから、商店街のこんなとこに土産屋が存在するなんて、今まで気付かなかった。
うむ、駄菓子屋が融合しているらしい。
買う気はなかったけど、かわいいのを発見した。一袋に一匹、おサルが付いてくるというのだ。
食い倒れ人形風と阪神ファン風とあとなんだっけ、3つのどれかが付いてくる。お菓子はバナナチョコ。
こういう御籤みたいの好きなんだよね~。お買い上げ♪
   ちゅ   「小鳩ちゃーん、かわいいの見つけたよー」
   小鳩  「どれどれ~、むっ!」   小鳩もお買い上げ♪
   ちゅ&小鳩  「もー好きなんだから~」 (似た者同士)
ふと、小鳩を見やれば、いつのまにそんなに買ったんだ!
土産の袋がいっぱい。根性あるぜ、小鳩~。結婚式の引き出物の袋くらいだよ!?あんた買いすぎ。 でも、みんなお菓子だから軽い(小鳩談)・・・らしい。
・・・それにしても・・・あんた・・・ぷっ(笑)  (なんとも小鳩らしくて、笑ってしまう)

さて、餃子屋~、餃子屋~、いったいどこにあんだよ!荷物は増えるし!おんなじとこグルグル。
雑居ビルは分かり難い。腹ペコでやっと見つけ出したけど、どうやら開店前らしい・・・薄暗くて怖いー。
ガーっ、予定変更だ!
蓬莱屋へ行って、チャーシューまん買って、ホテルで食べよっ!
ケーキの寿命も迫りくるし。(そろそろ冷蔵庫へ入れないとね)
蓬莱屋へ到着。
ショーケースには・・・餃子・・・ギョウザ・・・ぎょ・・・食うべし! 餃子リベンジだ!
    ちゅ   「小鳩ぉ、餃子食いたいー」
    小鳩  「本当か!?(意地になってるだけじゃ・・・?)」
    ちゅ   「食う、食うー。・・・肉団子も、食べて良い?」
    小鳩  「じゃ、私はゴマ団子食べよ~」
チャーシューまんに肉団子に餃子にゴマ団子、お買い上げ♪ 見事に食い道楽だー。
っていうか、あんたらさっき来て、豚まん食べたよね?
はうっ、店員に見抜かれていたらどうしよう。 なんて、ちょっと ドキ ドキ したりして。

お腹へってるけど、がまんしてホテルへ帰ってきました。
ら、「掃除が済んでいるか確認致しますので・・・」 あ、そういうの忘れてた・・・。時間は13時30分。
うちの部屋が端っこだったからか、済んでいたのか、すぐに部屋に戻れました。その階の他の部屋は掃除中で、廊下にはシーツとか出ていたけど、従業員の姿はない。え?もしかして、忍者?
部屋はキレイになってました。良かったー。さっそくブツを冷蔵庫へ~。(もはや楽しい作業)
したら、昼食です。
大阪の昼のTVを見ながら、蓬莱屋で買い込んだのを食べる。
チャーシューまん、ね、うんまーーーい!餃子もちゃんと焼いてあってね、うんまーい!
肉団子もボリューみ~。冷やしてもおいしそう。むーぅ、ケーキ一個食べちゃえ~。
(なんか、むちゃくちゃしてない!?) TVでは、「新婚さんいらっしゃーい」の芸人バージョン・・・みたいのがやっていた。けっこうおもしろくて、見入っちゃうとこでした。

さて、次は新大阪へ行きまぷ!
実は、「蓬莱の豚まん」をお土産に買いたいというので、冷凍はないのかと聞いたところ、新大阪の1店だけ置いていると言われたので、店で貰った地図を見ながらやってきた。
着いて、はて、改札は出た方が良いのかしら?どうかしら?と検討していると、貰った地図に次の言葉が・・・
「蓬莱551と蓬莱本店は違う店です」
・・・・。・・・えっ?・・・何を、いまさら!?
買って食べたのは「蓬莱551」。
そういえば、るるぶには「蓬莱本店」と載ってました。
記憶をたどるに、難波で最初に通り過ぎたとこが蓬莱本店、次にここにもあるの?と思ったのが蓬莱551・・・・。
あんまり近いので、同じ店かと思ったじゃないのさー!!!
ぶわーっ!本店の味はどうなのさーっ!気になるじゃなーい。
んもう。この勢いはちょっとやそっとじゃ止められない。
土産物コーナーに突入だ!!
よく大阪を旅する友達に、どっちがどうなのかメールしてみたり。
蓬莱551はけっこういろんなところに存在していて美味そうだ。
土産物コーナーでも造ってるところが見える。人も並んでた。
ぶーぶーなんだよぉー、と言いながらグリコ屋へ入る。その名のととおり、グリコの商品が多々並んでいる。そこで、ビスコの(携帯とかに付ける)ミニホルダーを発見。思わず買ってしまった。
あーん、だってビスコ好きなんだもん。えーと、まだわだかまりつつも、気が済んだので海遊館行きます! (さすがビスコ!ちゅー太鎮静効果)

海遊館。
ちゅー太は5年くらい前にもきました。今度で3回目~。何度行っても楽しいよ~。
ジンベイさんは、心なしか小さくなったみたいな気がするー。前に見たジンベイさんは亡くなったらしい。それでも、前のを知らない人は大きい~と叫ぶのだ。
ここの水族館は、最初に上にあがって、地上から水中、海底へと階を下る毎に深いところに居る魚が見られるようになっている。なので上の階で貝を叩いているラッコが、下の階で水中を泳ぐ姿が見れるのだ。アザラシとイルカも同様。

アザラシを手なずける少女。
さて、ここには何がいるのかしら?
そんな感じで水槽を見ていると、上の方からアザラシが潜水よろしくやってくる。
そこへ 「〇〇ちゃん、ほらいくよ!」と少女の声。 どうもアザラシの名前らしい。
水槽の端へ〇〇ちゃんを呼び、いきなり水槽に沿って貝を転がす。
カロン カロン カロン(転げる貝)・・・びょー(おいかける〇〇ちゃん)。
すると観衆(新たに通りかかる人)が喜ぶのだ。どうやら、チームを組ん客を喜ばせているようだ。
営業か?と思わせるほど彼女の技は巧みだ。
違う階へ行くたび、「ここはアザラシの水槽か」と少女を見掛けて思う。
一緒にならないように、ずらして歩いていても少女に会ってしまう。
何故かというと、人が通るのを見計らって営業をするのだ。何者だろう、この子は・・・。

お気に入りといえば、海底(一番下の階)。
上で回遊しているジンベイや魚を見上げながら、たたずむ姿が、ちょっとかわいいぞ。
あと、タカアシガニ?カニは嫌いだが、ここのはちょいと違う。
一緒に入ってるハゼみたいな魚が居て、カニも魚もトロくて、カニに踏まれる魚、なのだ。
「大丈夫か!?」といつも思う。
カニもスロー、なのに、踏まれる!「あーーーっ 踏まれる、踏まれるぅー」   隠れた名所だ。

 ワニ夫婦。

間もなく18時。海遊館を出て、隣の建物にやってきた。
ここに食い倒れ横丁というのがある。関西の名物なお店を集めたらしい(京都のお店も何店かあった)。
さっそく突入は、一口餃子屋さん!焼きたての熱熱!
昼に餃子を食べたしな~・・・どころじゃないですよ、美味すぎてモリモリ、パクパク いけちゃいました!
あと、焼きたてのみたらし団子!おいしいよぉー。イカ焼きとたこ焼はお持ち帰り~。
今日は簡単に夕飯。実は、お腹がいっぱいすぎて、食べれない。
「美味しんぼ」に載ったらしいたこ焼は、その場で食べた方が美味しいと思う。
冷めても美味いたこ焼、らしいんだけどね。(うちらの味覚が限界に来しているのかもしれないが)
イカ焼き・・・これ美味いの?とちょっと戸惑うちゅー太。
四苦八苦して食べた・・・。世間で聞いてたより、ふーん、な感じ。

さて、明日は京都(ちゅー太担当)です。計画を練らなくちゃ。の前に、ケーキ食べなくちゃ♪
果物系は、やっぱ美味いよ!美味すぎ。東京にはないね!(あ、キルフェボンの果物もけっこううまいけど)

今日は、11時くらいに布団にダイブ! でも、なんとなくTVつけて、「小樽ザよしもと」を見ながら眠~。
おもしろくて、なかなか眠れなかった。

おまけ。
蓬莱の豚まんについて、友達からの返信。
「どっちでもいいんじゃない?蓬莱だし」
ちゅー太 ・・・フンガーっ! (そんなもんなのかよぉー(泣) 俺の情熱ぅー・・・しおしお)
そういえば、食い倒れ横丁にある土産屋に冷凍の蓬莱本店の豚まんを発見しました。
しかし、うちらには明日もあるわけで、駅のロッカーにチルド庫があるなら別だけど、持ち帰るのは不可だな、と結論を出しました。


「2003京都・大阪・神戸」其の二 [旅行]

神戸に着きました。午後4時です。
本日は演劇集団キャラメルボックスの舞台を見ます。神戸オリエンタル劇場 19:00

神戸は、三ノ宮に直行です!
なんつったって、ケーキを食べるのです! 異人館?モザイク?んーなのどうれもいいのっス。
「なにがあってもケーキを食う!」が合い言葉。

~神戸に旅行で来ても、観光ばっかりしちゃって、ケーキってなかなか食べなかったりするよね~
という言葉から始まった神戸ケーキへの情熱?「神戸ケーキって、いったいどんなよ!?」
これは食べてみるっきゃない!半ば挑戦状でもあるような気がする。

とりあえず、ちゅー太リサーチで、何店か頭に入ってます。しかし、場所は不確かで、場所と店の名前が正しくない。記憶力勝負ってとこでしょうか。(+勘)
一番行きたかったお店は、もう少し先の駅で、時間に余裕がないし、そのお店だけ大阪の高島屋に入っているというのもあって、三ノ宮(元町)をウロウロすることにしました。
目指すは、南京町。
南京町の中に、2店ケーキ屋さんがあるのだ。いや、あるはず!
ふらふら歩きつつ、えーと、豚まん~、桃まん~。
あーいやいや、ケーキだってば!(↑しっかり食べてる)
  「あー、小鳩待って!」
ちゅー太ガチャガチャにハマる。
カエルがね、戦隊バージョンになってるんだよ!またもや、ここのガチャガチャにハマりました・・・。
前回来たときは「トロ」のガチャでしたね。 成長してないな~。散財400円。
なんとなーく歩いていたら、小鳩が 「ん、ここ!?」
人込みで気づかなかったけど、よく見ると列が出来ている。
店名は「エストローヤル」、ああココ!
ちゅー太は「この辺だな」っていうのはわかるけど、ココ!という勘が働かなくて、小鳩はそういうの(店を)見つけるのがウマイから、いいコンビネーションだ。とりあえず、何が売ってるのかわかんないけど並ぶ。
ここは売ってるだけで、食べるとこがないのね。
なので、ホテルへお持ち帰りする。ふふ、帰ってから食べるのよ!
そうよ、お店で食べられるのはせいぜい1個か2個じゃない?
ならば、ホテルで食べれば、先の1個は消化しちゃってるって寸法さ~。
それに、行くのは1店舗じゃないのだから♪
 「チョコのかかった小さいシュー2コ と 抹茶のかかった小さいシュー と エクレア と ミルフィーユ とクリームと小豆を抹茶のスポンジでまいたロールケーキ」  計 6コ お買い上げ。
  小鳩   「うー悩むよ~。どうしよぅー」
  ちゅ   「んじゃー、半分コしようよ」
  小鳩   「OK! じゃ、あとミルフィーユ!以上で♪」
女の子ってお得だわ~。んふふふ、いざ、次へ~。

南京町を出て、元町のアーケードをどんどん歩く。
そういや、うちらには時間がないのです。(←すぐ忘れるから!)
18時を過ぎたら、劇場へ向かわなければなりません。まもなく17時になろうかというところ、なかなか店が見つからない。とりあえず、アーケードを歩ってれば、何か店があるハズ・・・。
でなければ、観音屋でも行こうかなー。小鳩、チーズ好きだし。
  ちゅ   「うーーーーん、確か、フ がついた店なんだよな~」
  小鳩  「あ、ここ?」
と ちゅー太が「フ」のつく店に思考がからまれてる間に、小鳩が「元町ケーキ」とか あと2店発見してくれた。
元町ケーキは行ってみたけど、夕方だからか品薄でした。
一応入ってみようか、とズンズンズンと入っていって、ショーケースに2~3個しかないと見るや、クルッとまわってズンズンズンと出ていく二人・・・かなり怪しげな行動。店で食べてる人々(2~3組くらい)がビックリ顔だった。ちょっと笑える。微妙な緊迫感があったね~。
「フがついたような、ないような、うわーなんだっけぇー!!」まだ、ちゅー太はグルグル~。
思考の中ではケーキ屋を探して森の中、木の根に足を取られてる状態だ。(うわーん)

すると、「フーケ工場出張所」(だったかな?)というのを発見。
「フーケ!?もしかして探していたのはフーケだったのか?」 時間はもう17時30分です。
「1店はお店で食べて~・・・」というのが念頭にあったので、とりあえず、入りましょう!!!
もう、時間がないので、こうなったら夕飯にするしかありません!
行きたかったのは「出張所」ではなく、ちゃんとした店だったのだけど、出張所というわりに、ちゃんとケーキもあって、狭いけど店内で食べられるので、ホッとしたよ。
しかも、セルフで、麦茶サービス!ラッキーだったかも。
(普通に店に行ってたらケーキセットの値段だよね・・・たぶん)
ちゅー太にしては珍しく、フルーツがのったケーキを選びました。
黄色やグリーンのフルーツに苺の赤でアクセント。なんか、かわいかったから。
小鳩は、ベリーがたっぷりのった、これもおいしそうなやつ。
一口食べるに・・・ 「ーーーーーーーーーっ、うまい!」
これが神戸ケーキの記念すべき「一口め」である。
うますぎじゃーーっ!美味すぎて口数すくない。・・・堪能中~。
食べてみんさい、食べてみんさい!一口ずつ交換~。
ちなみに、ちゅー太はベリー類にちょっと弱いのだが、勧められてブルーベリーをいただきました。
パクリ・・・ 「ーーーーーっ!」
ていうか、これブルーベリー!?こんなの食べたことない!
全然スッパくない。チクチクするスッパ味が全然なくて美味しいの!恐ルベシ、神戸。
それぞれ、ケーキを堪能し、お土産のクッキーを買いました。

店を出て・・・「フーケだったのかな・・・」 まだ グルグルちゅー太。
思考は、時間もないことから、森を抜けて棘(イバラ)に変わってる・・・。
はッ、棘に絡まれちゃだめよ、オスカルになっちゃう、
ベルサイユの薔薇のオープニング歌っちゃうじゃない!(・・・オイトイテ)
劇場へ行く道すがら、というか、来た道を戻るついでに、再び南京町へ行かせてもらうことになりました。だって、スッキリしないんだもんー。頭から地図が離れないし。もどって、もう一度探索させてもらいました。
したらやっぱ、フーケのお店の方でした。ちゃんとありました。でも、工場と置いてあるものは一緒らしい。
確認できてスッキリしたけど、にゃーんとなく、悔しさついでに、
いつも人が並んでいる豚まん屋に並ぶ。(←なんかしないと気が済まない)
ここ、有名な店で、いつもズラーーーッと並んでて、食べたことなかったんだけど、
(そんなとこへ突入するなんてかなり気が済まなかったのね・・・)
(っていうか、また時間がないこと忘れてますねちゅー太さん)
否、本能が並べといっていたんだよぉーっ。 (・・・苦しいです)
ズンズン列なして入っていくと、店のおっさんの手際の良いこと!
料金表があって「何個?」と聞かれて答えると、金額を言われて「用意してて」、と言われるのだ。
サイズ的にはふた口くらいの小さい豚まん。10コ、20コ買いも当たり前らしい。
ちゅー太も気前が良くなって、2個のつもりが、4個と言ってしまった。
小鳩は食べないと言っていたのにぃ。
でも、サイズを見たら、食べるよといってくれて、ちゅー太 にんまり♪

もう18時過ぎてるっス! 劇場へ向かわなければなりません。
さて、どうしましょう。
元町は海側、劇場(オリエンタルホテル)は山側。
恐ろしく長く続く坂道をズンズン歩いていかねばならないのっス!
しかも、小鳩はヒールだし・・・。
ま、三ノ宮から電車で2分くらいで行けるんだけどね。
200円なんだよ、一駅が!!(なんか乗りたくないじゃん)
小鳩の様子を聞いたら、歩くと言うので、登ることに。
時間はね、その分をちゃんと計算に入れてるので大丈夫。

あ、そういえばね、ここの近くに確かあったよケーキ屋。
って曲がって行ったら、本当にあったからビックリ。(勘だから自信はない。ここにきて冴えてきたらしい?)迷わず、ケーキを一つずつ選んで、お持ち帰りに。

あ、そうそう、この通りを行くとあるんだよな、確か。名前忘れたけど、カントリー風で可愛いってお店が。って思ってたらやっぱりありました。でもさすがに、時間がないので買わなかったけど。

あー、手の中には包まれた豚まんが、・・・食べたい。
食べたい食べたい、でも、坂道相手に食べてる余裕はない。うぅー、せっかく温かいのにぃー。

三分の一を登ってきた頃、さすがに小鳩が参ってきた様子。
やばいですな・・・。
まだ「三分の一だよ」とは、とても言えない。
あと「15分だよ」なんて、とてもとても言えない。
考えてみれば、自分の足で歩くのを前提とした計算なので、
ヒールの小鳩にはキツかったかもなー。
しばし無言、っていうか、修行僧みたいじゃないか!
25分くらいかけて、ようやく着きました。
がんばった、小鳩、ご褒美に豚まんを食べよう!!

開演15分前に着きました。
劇場に入るのにちょっと迷いました。案内板はどこよ、どこなのよーっ、あったあった・・・
  ちゅ    「って、非常口の案内見ちったよ」
  小鳩   「だぁーーーーっ」  (注:憤慨の表現)
  ちゅ    「だぁーーーーっ」
二人ともお疲れ気味。
キャラメルは開演10分前から、プロデューサーのおもしろおかしい前説が始まります。
なので、豚まんはおあずけ~。(あぅー)

舞台後のカーテンコール。
1回目は、劇団の人がご挨拶。今日はそれに加えて、お知らせが・・・?
「えーとですね、(懐から紙切れを出す)ただ今ですね、(急に渡されたって感じ)嵐?が発生してまして・・・?えーと、台風ではなくて、雨が ダーっ の、風が ピュー の嵐です」(役者だからジェスチャーが激しい。ちょっとかわいいけど)
アラシ?小鳩と顔を見合わせる・・・。
そう、嵐っていえばさ、宇治から大阪に行く時に遭遇した猛烈な雨風、木がバッサ バッサ揺れてて・・・あれって、まさしく嵐だよね・・・?やっぱ、追い越し、追いかけられていたんですね!!
 「今、各地に分散しているそうなので、お帰りの際は充分に気を付けてくださいね。(かわいくて、彼以外役者含めみんな笑っちゃってる)本当にぃ、笑ってる場合じゃないんですってば!」
笑いつつも、物凄く不安にされて、カーテンコールが終わりました。
もしかしたら大阪は嵐の真っ只中かもよ?ホテルまで、けっこう歩くよ?
だぁーーー、こうなりゃね、濡れてもいいわよ、
でも、ケーキが、ケーキがぁ!!(・・・ケーキかよ!)
カーテンコールは、たいてい3回で終わりなのですが、なぜか、拍手は続く。
え?もう終わりじゃないの?って思ってたら、また出てきてくれて、今度は違う役者さんが笑顔で
「皆さーん、死にたいんですかぁ~!!嵐ですよ?」
「もぅこうなったらね、上川さんのオールナイト歌謡ショーでもしますかーっ」
上川  「♪ーって、するかぁぁぁ」 なんてコントもいれつつ、楽しい舞台が終わりました。

外へ出ると、風が冷たくなっていました。でも、一応、雨は降ってない。
あ、やっぱ地面が濡れた後があるので、降っていたらしい。
嵐か、または天気雨か、大阪から追いかけてきてたのね。 っていうか、うちら、ラッキー?
不安はありましたが、大阪についたら、こっちは濡れた様子もなく。
無事にホテルに着きました。


さっそく、ケーキを備え付けの冷蔵庫へ♪

   「 うおぉぉぉぉ!冷蔵庫に 何にも入ってねぇー! 」

まさしく、ケーキを入れるための冷蔵庫やんけぇ!
立派だ、2泊 6800円。(←ホテルのこと) ビジネス仕様だから、そういう仕組みになっているそう。
まずは、ケーキを詰め詰め~♪お風呂にお湯を入れて、足湯~。カバンとかもちょっと整理して。

そうそう、いいこと考えたんですよ。
すっかり冷めた豚まん。るるるぅー(涙)
さすがに、ホテルに「チン!」(電子レンジ)はないですからね。
お嬢ちゃん、泣いてる場合じゃないっスよ!
まずは第一弾。
洗面台にお湯を溜めるのです。そこに袋に豚まんを入れて温める。
うーん、でも浮いちゃって、半分しか温まってくれないの。
そこで第二弾発動。
簡易のポットあるでしょ、小っさいやつ。あれを沸かして、袋に入れた豚まんを沈めておくのですぅー。
我ながら、なんて頭がいいんだ。るるるぅー。

一段落して、ケーキをいただきまぷ♪
ぅんげぇー、うめぇーっ!!まずシュー、続いてロールケーキみたいの。続いて、ミルフィーユを半分コ。
時計の針は・・・12時まわってます?な状況。しかも食いすぎ。でもね、美味いんだよ。
何個も食べれちゃうの!生クリームもしつこくないし、カスタードもしつこくないの!
感動したのは、ミルフィーユ。あの、カスタード!! みたいな濃厚な感じがないの、
それに何時間も持って歩いていたのに、サックサクのパイ生地!「なんでぇ!?」と叫びながら食べました。
こっちに居たって、一度にこんなに食べることなんてないのに。 凄いことになってます!
もう一つのケーキ屋では、ちゅー太はピラミッド型のモンブランを買いました。
これが、お店の人にメレンゲが溶けやすいって言われたとおり、ちょっと溶けちゃってて、お酒も強くて、ちょっと辞退しました。
  ちゅ   「うわー、これ食べれないや。クスン・・さよならするぅ」
  小鳩  「なに!ダメよ、さよならはしないのよ!」
  ちゅ   「小鳩、良かったら食べて?」
  小鳩   「うん、いいよ~」  あぁ、小鳩がたくましく感じる☆キラリ
小鳩に、明日にでも食べてもらうことにして、冷蔵庫へ退却。
そろそろ、豚まんも良い頃かしらん?ほどほどに温まってて、グーです。
時間がたって、周りの皮がぷっちりしてるのはショウガナイですが、
味はグーーーーーッ!!さすが!並んだ カイ がありました~。
はー、食べたな~。

 

さて、2日目は大阪ぶらりです。
って、やっと1日目が書き終わりました。な、長すぎる・・・。息切れが・・・。          ちゅー太。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。